Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/104-e31fbe6a

トラックバック

コメント

[C47]

初めまして。

必ずしも過保護とまでは言へないと思ひます。
(以下は、私の見聞きしたことに、想像を加へた、理由)

会社が親を入社式に招待するのです。私の知る会社では家族席を設けて、ぜひお越し下さいと言つてゐます。もちろん来ない親の方が多いですが、これから世話になる人の誘ひなのだから、(たとへ気がすすまなくとも)出かけねばなるまいと考へるのも自然です。

家族の理解協力があつての勤め人であります。夜勤もあれば、転勤もある、給料は安いし、労災の可能性もある。会社としては、何かと世話をかけるから、家族に「我社を信頼して欲しい」と挨拶しておきたいのです。
「怒鳴り込む、転社させる」逆でせう。それを防ぐために親を呼ぶ。

親の側からすると、我が子を雇ふ人間、職場の様子を知つておく機会と思へば、入学式とは違ふ意味があります。特に高卒で入社するならまだ未成年です。大人の目でどんな会社、経営者なのか見てやれます(高卒の子は、転職したがる傾向が強い)
単純に社会見学のひとつとしても面白い。TVニュースで入社式などの情景は流されます。それを我が子にかこつけて生で見られるわけです。製造業ならば、入社式のあと工場見学をすることもあります。


私自身は、どちらかと言へば、入社式は親が出かける場所ではないと思つてをります。感覚的には那和さんに同意します。
ですが、当事者たちは、長い付き合ひになることを願つてやつてゐる。「ダメ」とまでは思へません。

[C48] Re: 入社式

はじめまして。

なるほど、会社が親を招待するのですか。
それならば、私が考えたこととはちがうのですね。

  • 2009-04-11 13:35
  • 那和
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

入社式にも親が同伴する「おかあさんといっしょ」時代

小学校の入学式に親が着飾って出席するのはほほえましいものですね。我が子の成長を見届けたい親心がよくあらわれているからです。大学の入学式にも親が同伴、というのはだいぶ前からそうなっています。私は昔はちょっと抵抗があったのですが、これも時代なのだろうと、あまり気にせずにきました。ところが、最近は入社式にも親が同伴するところが増えているようです。ううむ、これはちょっと違和感があるというか、はっきり言ってしまえば気持ち悪いです。

社会人になっても親離れできない子供、そして子離れできない親、これでは大学までの図式とまったく変わらないではありませんか。子供が会社で上司に叱られたら、親が怒鳴り込むのでしょうか?同僚から馬鹿にされて泣いて帰ったら、親は退社をさせて、転校じゃなかった、転社をするのでしょうか。社会人になったら、まず物理的に親から離れようとするのがふつうだと思っている私は古くさい爺なのでしょうか。

聞くところによると、世の中でいちばん好きなのは「おかあさん」であり、「おかあさんが反対するなら結婚しない」という若い男も増えているようです。もしかして、結婚まで「おかあさんといっしょ」なのでしょうか。女性に興味を示さない「草食系男子」が増えていると聞きますが、もしかするとこういう若い男が「おかあさんといっしょ」症候群の人たちなのではないでしょうか。

これでは女性がいくら一生懸命「婚活」をしても、結婚できるかどうかわかりません。また、よくある嫁と姑の争いになったら、夫は100%母親の味方をするでしょうね。まあ、それ以前に結婚しないと思いますけど。「おかあさんがだめだというから」(笑い)。時代はほんとうに変化していますねえ。まあ、親の反対を押し切って結婚した私ですが、母親のほうは社会人になってからも「子離れ」ができませんでした。こちらもいろいろと心配やら迷惑をかけた親不孝者なので、あまり偉そうなことは言えませんが・・・。

いずれにしても、入社式まで「おかあさんといっしょ」は、どうしても「ダメだ、こりゃ」とドリフターズのいかりや長さんのようにつぶやいてしまうのです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/104-e31fbe6a

トラックバック

コメント

[C47]

初めまして。

必ずしも過保護とまでは言へないと思ひます。
(以下は、私の見聞きしたことに、想像を加へた、理由)

会社が親を入社式に招待するのです。私の知る会社では家族席を設けて、ぜひお越し下さいと言つてゐます。もちろん来ない親の方が多いですが、これから世話になる人の誘ひなのだから、(たとへ気がすすまなくとも)出かけねばなるまいと考へるのも自然です。

家族の理解協力があつての勤め人であります。夜勤もあれば、転勤もある、給料は安いし、労災の可能性もある。会社としては、何かと世話をかけるから、家族に「我社を信頼して欲しい」と挨拶しておきたいのです。
「怒鳴り込む、転社させる」逆でせう。それを防ぐために親を呼ぶ。

親の側からすると、我が子を雇ふ人間、職場の様子を知つておく機会と思へば、入学式とは違ふ意味があります。特に高卒で入社するならまだ未成年です。大人の目でどんな会社、経営者なのか見てやれます(高卒の子は、転職したがる傾向が強い)
単純に社会見学のひとつとしても面白い。TVニュースで入社式などの情景は流されます。それを我が子にかこつけて生で見られるわけです。製造業ならば、入社式のあと工場見学をすることもあります。


私自身は、どちらかと言へば、入社式は親が出かける場所ではないと思つてをります。感覚的には那和さんに同意します。
ですが、当事者たちは、長い付き合ひになることを願つてやつてゐる。「ダメ」とまでは思へません。

[C48] Re: 入社式

はじめまして。

なるほど、会社が親を招待するのですか。
それならば、私が考えたこととはちがうのですね。

  • 2009-04-11 13:35
  • 那和
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。