Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/112-560acf65

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

テポドン3発射実験をめぐる謎

今回の北朝鮮によるテポドン3(テポドン2C)の発射実験にはいろいろと不可解な点があります。実験は成功したのか、失敗だったのか、あるいはアメリカが海上配備型Xバンドレーダーの使用をゲーツ国防長官の命令によってやめたという話も出ています。人工衛星打ち上げというのも、当の北朝鮮が打ち上げ直後に発表しただけで、その後はなんの音沙汰もありません。なんとも不思議なテポドン3打ち上げ実験でした。

まず、成功か失敗か、という点では、この打ち上げが弾道ミサイル実験だったのか、あるいは北朝鮮の主張するように人工衛星の打ち上げだったのか、によって変わってきます。第1段は完全燃焼して、ブースターは日本海に切り離され、第2段も燃焼をほぼ完了していたと考えられます。しかし、第2段と第3段の切り離しがうまく行かず、一体となって太平洋上へ落下した、と見られています。しかし、その飛行距離はムスダンリの発射基地から約3800キロも離れていて、もし3段目が切り離されていたら、アメリカ本土近海まで到達しただろう、と思われます。あるいは3段目が第一次宇宙速度を超えて、人工衛星を軌道に乗せたかも知れません。

そして、ゲーツ国防長官が海上配備型Xバンドレーダー(SBX)の使用を禁じた、というのも不可解な話です。アメリカはアラスカ州フォートベイリー基地に地上配備型Xバンドレーダーを稼働させています。また、地上発射型弾道ミサイル防衛システム(GMD)を配備しています。この地上配備型Xバンドレーダーはテポドン3の追跡に使われたはずですが、ではなぜもっとミサイルの飛行コースに近いところで観測できるSBXを運用しなかったのでしょうか。

アメリカは人工衛星打ち上げと判断したから、SBXを稼働させなかった、という説がありますが、人工衛星打ち上げだろうと、弾道ミサイル実験だろうと、ミサイルの弾道を追跡するのがとうぜんで、なぜSBXを封止したのか意味がわかりません。弾道ミサイル追跡のための「オブサベーション・アイランド」を太平洋上に配備していたはずなのですが、それについてもはっきりした情報はありません。もちろん、NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)のレーダーも監視をしていますから、SBXだけ稼働させなかった、という意味がわかりません。

前に書いたように、じつはアメリカと北朝鮮は秘密裏に接触していて、所定の海域に落下させることで合意ができていたのではないか、とさえ思われます。北朝鮮のミサイル誘導技術はかなりのレベルまで来ていて、実際に予告した日本海および太平洋の海域にブースターを落下させています。今回のテポドン3についてはどうも公表されない、なにかがありそうです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/112-560acf65

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。