Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/113-02c33bfd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

北朝鮮基地攻撃能力保持は非現実的

民主党の前原前代表などが唱えていることですが、北朝鮮のミサイルおよび核開発に対して、日本はその基地を攻撃できる能力を持つべき、だという意見が出ています。しかし、これは非現実的であり、なんら有効性を持たない論議なのです。

なぜかというと、日本を攻撃できる能力を持つノドンは移動式ミサイル発射台、すなわち大型トラックに乗せられて、日々移動しています。これを探知して、攻撃するのは容易なことではありません。湾岸戦争のときに、アメリカ軍を初めとする多国籍軍がイラクから飛来するスカッドミサイルの基地を叩こうと、連日のように空爆をしました。しかし、移動式発射台のために、捕捉するのが困難で、イラクはスカッドを発射し続けました。

さらに、北朝鮮はミサイル発射台の一部を地下深くのいわゆるサイロに収納する方法をとるでしょう。そうすると、地中深くに突入してから弾頭が爆発する「バンカーバスター」という特殊爆弾が必要ですが、これは現在の時点では自衛隊は装備していません。また、バンカーバスターを搭載可能な爆撃機や戦闘攻撃機(たとえば、F-15Eストライク・イーグル)を保有していません。

このように、勇ましく敵基地先制攻撃論をぶちあげても、実際にミサイル発射台を探知することが困難であり、また地下サイロを破壊する爆弾も運搬手段も持っていないのです。

それよりも、BMD(弾道ミサイル防衛)の精度を高めると同時に、防衛ミサイルやレーダーも増やして、日本列島を「ハリネズミ」のようにするほうが有効だと思われます。そうでなければ、もうひとつのオプションは核弾頭とミサイルを装備して、北朝鮮と「核の均衡」を保つことですが、これは中国やロシアの核軍拡を招来する可能性が高く、いまよりも軍事的緊張が高まるでしょう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/113-02c33bfd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。