Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/117-b5c067ed

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

次期ステルス戦闘機のデータがハックされて流出

アメリカの国防総省(ペンタゴン)のコンピュータネットワークにハッカーが侵入し、開発中の戦闘攻撃機F-35の設計情報などが流出したといわれます。侵入者は中国からの可能性が高いが、実際に特定は困難と言われます。それは各国のコンピュータを踏み台にして、侵入元をわからなくするからです。

F-35は「ジョイント・ストライク・ファイター(JSF)」計画から生み出された統合戦闘攻撃機です。「統合」という意味は、同じ基本形の機体から空軍、海兵隊、海軍用に派生型を作るという初めての試みだからです。さらに、開発当初から国際共同運用を当初から予定しているのも初めてです。F-22につぐステルス戦闘機としても話題になり、機密保持の点で外国に輸出できないF-22のかわりに、各国の主力戦闘機になると期待されてきました。

F-35は「ライトニングII」という愛称で呼ばれ、F-35A、F-35B、F-35Cの派生型があります。F-35Aはアメリカ空軍用の基本形で、F-16ファイティングファルコン戦闘機の後継機になります。通常の滑走路から離着陸するタイプです。

F-35Bはアメリカ海兵隊、イギリス空軍および海軍のハリアーIIおよびシーハリアー戦闘機の後継として、STOVL(短距離離陸、垂直着陸)という特長を持ち、陸上および艦上からの離発着が可能です。このため、ジェットエンジンの方向を変えることができるベクタードスラスト方式を採用しています。

F-35CはF/A-18ホーネット、スーパーホーネット戦闘攻撃機の後継となるもので、空母からの離発着ができるようになっています。このため、着艦フックなどを備えているのが特長です。

アメリカ以外では、オーストラリア、イタリア、トルコ、イギリス、オランダ、ノルウェー、イスラエル、ドイツ、カナダ、韓国が購入を決めています。日本も時期主力戦闘機(F-X)の候補としていますが、当初はF-22を最有力候補としていたため、出遅れていて、調達年がいつごろになるのかわかっていません。しかし、F-22の製造中止が決まったために、航空自衛隊のF-XはF-35Aになることがほぼ確実視されています。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/117-b5c067ed

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。