FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/120-b6044cbe

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

イージス艦のSM-3を地上配備型に国防総省が検討中

アメリカ国防総省ミサイル防衛局(MDA)がイージス艦に配備されている弾道ミサイル迎撃ミサイルであるスタンダードSM-3を地上配備にもすることを検討中であると伝えられました。これは現在、アラスカとカリフォルニアに配備している地上発射型弾倉ミサイル防衛システム(GMD)と地域防衛型のパトリオットPAC-3を補完するものとして、実現される可能性が高いのです。

そして、このSM-3の地上配備は自衛隊も検討する可能性があります。北朝鮮が日本をターゲットにしている「ノドン」弾道ミサイルは繰り返し書いているように、移動式の発射台から発射されるために、イージス艦を24時間日本海に展開させておかなければならないのです。これは作戦上無理なので、SM-3を地上にも配備して、PAC-3と2段構えで迎撃態勢をとれば、イージス艦の負担が軽くなります。

ただし、SM-3はイージス艦搭載、というかイージス艦の根幹をなすSPY-1レーダーシステムと連動しており、このレーダーシステムも地上に配備する必要があります。また、Xバンドレーダーなどほかの探知装置も組み合わせて、早期警戒システムを充実させなければならないでしょう。

いずれにしても、「ノドン」の発射基地を空爆で叩くのは無理なので(移動式発射台のため)、このようにSM-3を地上配備するというのは日本の安全保障にとっても重要となってきます。そして、SPY-1やXバンドレーダーなどと組み合わせた統合的な早期警戒レーダーシステムが完備すれば、SM-3だけではなく、弾道ミサイルのミッドレンジ(中間飛翔コース)での迎撃をするGMDのミサイルであるGDIも運用することが可能になってくるかも知れません。

いずれにしても、弾道ミサイル防衛システムは不備だから、発射基地を攻撃せよ、というのは前に書いたようにナンセンスな主張ですから、このように日本国内のミサイル迎撃システムを充実させていくのがいちばん現実的であり、中国やロシアに対しても軍事的脅威を与えない解決策になるでしょう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/120-b6044cbe

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。