Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/127-1c0f162d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

豚インフルエンザに便乗したウイルスメール

いわゆる豚インフルエンザ(A型H1N1)の蔓延に便乗して、コンピュータウイルスやニセの医薬品を売りつけるメールが大量に発信されているようです。添付ファイルを開くとウイルスに感染したり、あるいは怪しげなサイトへ誘導されて、ニセ医薬品を売りつけられたり、クレジットカード番号を盗まれたり、といろいろあるようです。

いつもなら身元不明のメールに添付されたファイルは開かない人でも、つい豚インフルエンザ騒ぎで、ひっかかってしまうことがあるようです。これらのメールは常時ウイルスメールをばらまいているのと同一犯の可能性が高いのですが、発信源を特定するのは容易ではありません。踏み台にしている他人のコンピュータから発信されるようになっているからです。

これらのメールの中には日本語で、「豚インフルエンザに関する知識」などというもっともらしい添付ファイルもあるようですが、開くとウイルスに感染するようになっています。政府機関あるいは自治体機関から、個人宛にこのようなメールが送られている事実はなく、このようなメールはすべて危険だと判断して開かずに削除してしまわなくてはなりません。

コンピュータウイルスをばらまくクラッカーは世界的な事件をよく利用します。たとえば、以前にはコンピュータウイルスが世界的に流行する、というような噂が流れたときには、「ウイルス駆除ツール」というような添付ファイルが付いたメールが大量に送られたこともありました。この「ウイルス駆除ツール」がウイルス、というブラックジョークのような手口です。

ウイルスメールを送る連中は愉快犯ですから、他人が被害を受けて困れば困るほど、嬉しいわけです。ですから、コンピュータにはファイウォールソフトを入れて、アンチウイルスソフトも入れた上で、身元不明の添付ファイルは開かない、怪しいサイトには近づかない、などの用心が必要というのはネット時代の常識だと思われます。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/127-1c0f162d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。