Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/140-c517323b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

どんどん消費しないと日本の未来は暗い

ホンダの来期売り上げ予想が7倍になったというが、これは「ハイブリッド」カー、インサイトの好調な販売によるものらしい。自動車レースは好きだが、運転はできないし、ふつうの乗用車にもあまり興味のない私としては偉そうなことは言えないのだが、インサイトはハイブリッドカーとしてはトヨタのプリウスより安いが、かなりの高額商品である。インサイトが売れ、そして新型プリウスも好調であるという。つまり、購買力のある消費者はかなりいるのである。しかし、昨今の「不景気ブーム」に影響されて、出費を控えていたが、「環境に優しく」、「燃費がいい」というハイブリッドカーなら、誰の目も気にせずに買えるわけだ。

買える財力のある人はどんどん消費をするべきだと思う。そうしないと、経済が回っていかないし、日本はじり貧になるばかりである。私などフリーになってから、ずっと貧乏だが、それでも必要なカメラ機材は買うし、酒は飲むし、タクシーもたまには使うのである。だから、我が家はいつも自転車操業で、この先どうなるかわからないのだが、それでもなるべく消費につとめるのである。貯金などほとんどゼロに等しく、まあささやかな葬式代ぐらいしかない。もちろん、いま「ワーキングプア」や「派遣社員切り」などによって、購買力のない人が増えているから、国民ぜんぶが無理に消費をすることはない。しかし、資本主義は消費をしていかないと、死滅してしまうのだ。デフレスパイラルに入りかけていた日本だが、ハイブリッドカー、そして地上波デジタルテレビ、デジタルカメラ、そのほかの家電商品が牽引力になって、負のスパイラルから脱出できそうな見通しが出てきた。

資本主義以外に選択肢がないことはこれまでの歴史でわかってきたことである。共産主義という実験はみごとに失敗に終わった。それは人間性というものを理解していなかったカール・マルクスとフリードリッヒ・エンゲルスまで遡る誤謬の歴史なのである。資本主義でやって行く以上、「消費は美徳」なのである。中国は政治体制が相変わらずの共産主義独裁で、おまけに反日主義が根底にあるので嫌いなのだが、その中国でさえ経済は資本主義であり、富裕層は「消費は美徳」を実践している。もし、富裕層が貯蓄に走ったら、中国はソ連と同じ道を歩むだろう。「貯蓄こそ美徳」というのは、とりあえずやめないと、ほんとうに「日本沈没」になるかも知れないのである。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/140-c517323b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。