Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/151-1c11e257

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アメリカはアフガニスタンから撤兵したほうがいい

今日であの9.11同時多発テロ事件が8年目を迎えます。あの時の映像の衝撃はすごいもので、「これでスチル写真はなくなり、ビデオ動画の時代になる」と言った人もいましたが、スチル写真はいっそうの広がりを見せています。いや、ここでは写真の話はしないで、それは別のブログ(エッセイ)ですることにしているのでした。

9.11事件をウサマ・ビンラディンが率いるイスラム系テロリスト集団アル・カーイダの犯行と断定したアメリカはアル・カーイダが潜伏していると思われるアフガニスタンに空挺部隊や山岳部隊を派遣します。9.11の直前にアフガニスタン北部同盟のリーダーであるマスード司令官が暗殺されているのですが、アル・カーイダかタリバンの仕業だと見られています。アメリカ軍は北部同盟(ラバニ派)にテコ入れをして、首都カブール付近まで迫っていたタリバンをイラン、およびパキスタン国境へ押し戻します。そして、国際治安援助部隊(ISAF)を構成して、NATO諸国軍の参加も呼びかけるのです(日本の民主党もアフガニスタンへの自衛隊派兵を認め、インド洋上での給油活動に反対しています)。

さらに、アメリカはイラクも大量破壊兵器を持っているとか、アル・カーイダを支援しているとか、さまざまな理由をつけて、イラクに侵攻します。圧倒的な軍事力を持つアメリカ軍の空挺部隊、海兵部隊、機甲部隊などは、あっという間に首都バグダードを占領し、数ヶ月のちにはフセイン大統領を捕らえて、死刑にします。ここまでは、ブッシュ大統領の描いたシナリオどおりでした。

しかし、イラクでは旧フセイン派、親イラン派、そしてアル・カーイダ系などが連合してゲリラ戦を展開し、アメリカ軍は泥沼に引き込まれます。なぜかというと、イラク国民の多くはアメリカ軍の駐留を快く思っていないからです。簡単に言えば、異教徒(キリスト教徒)の軍隊に占領されたままになっているのはいやなのです。そもそも、ウサマ・ビンラーディンが反米テロリストになった動機は、湾岸戦争のときに、サウジアラビアにアメリカ軍が駐留し、神聖な土地を踏みにじった、と考えたからです。

アフガニスタンでもアメリカはカルザイ大統領の暫定政権を樹立させますが、タリバンが息を吹き返し、南部(パキスタン国境)で攻勢を強め、首都カブールにも攻撃をしかけるほどになってきました。これは、やはり異教徒を嫌うアフガニスタン国民の感情が底流にあるのだと見るべきでしょう。ソ連軍が1979年にアフガニスタンに侵攻し、大量の軍隊を送りながら、結局はイスラム戦士に追い払われたのは、無神論者(共産主義者)を許さない、というアフガニスタン国民の感情があったからです。

こういう背景を考えると、オバマ大統領はアフガニスタンからも撤兵すべきだと思います。イラクからの撤兵を公約に掲げて当選したオバマ大統領ですが、イラクから撤兵するかわりにアフガニスタンの兵力を増強しています。しかし、キリスト教vsイスラム教という図式が根本にあるかぎり、イラクもアフガニスタンもアメリカ型民主主義が根付くことはないでしょう。アメリカの傀儡として、アメリカ型民主主義をイランにもたらそうとしたレザ・パーレビ国王も、結局はホメイニのイスラム革命で追放されてしまいました。

オバマ大統領は父親がイスラム教徒であり、そういう意味では宗教的に寛容ではないかと思います。ですから、いま宗教戦争になっているイラクはもちろん、アフガニスタンからも撤兵すべきです。そして、軍事力はアジア、そして太平洋の覇権を狙う中国に対して温存すべきではないでしょうか。さらに、ロシアもふたたび軍事大国への道を歩み始めています。アメリカは間違った戦場で、間違った戦争をすべきではないのです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/151-1c11e257

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。