FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/154-88b0e097

トラックバック

コメント

[C64] ■軍事問題評論家の江畑謙介氏が死去-江畑氏、田母神氏、石原慎太郎氏の対談など是非見てみたかった?

こんにちは。軍事評論家の江畑氏がなくなりました。氏は、独特なヘアスタイルと、飾らない淡々とした語り口で、鋭い分析を行い、多くの人たちを惹きつけていました。軍事評論家としては、日本では最高峰だったと思います。今日、北朝鮮の核の脅威、さらには、共産党独裁国家中国の軍事力の拡張および中米接近など、日本を巡る軍事バランスは大きく変化しつつあります。にもかかわらず、民主党のマニフェストには安全保障や軍事の問題に関してはなんら記載もないし、その後も方向性が示されるということもないという状況です。民主党の幹部などは、軍事に関してまずは江畑さんの著書を読むことなどから始め、基礎知識をつけることが肝要だと思います。「友愛」の念仏をかなえていれば、平和になるなどということはあり得ません。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

[C65] ウェブ拝見しました

yutakarisonさん、はじめまして。

ブログを拝見しました。

お書きになっていることに同感することが多かったです。田母神元空幕長の一連の発言にはやや賛成しかねる部分もありますが、日本の安全保障を真剣に考えることは最重要課題だと思っています。耳に心地よい「マニフェスト」だけの党はぜんぜん信用していません。鳩山氏個人の考えはある程度理解できるものですが、ほかの大臣や党幹部や連立している社民党などを考えると、とてもこの党には日本の安全保障はまかせれないと思います。
  • 2009-10-13 14:00
  • 那和秀峻
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

江畑謙介さんを偲んで

軍事評論家として有名な江畑謙介さんが昨日亡くなりました。享年60、若すぎる逝去でした。じつは私は江畑さんがご病気ではないかとここ数ヶ月想像してきました。それはリアルで江畑さんにお会いしたことがあるからです。出身大学が同じなため、その関係で卒業生しか出席できない江畑さんのミニ講演を聞く機会があったのです。そのとき、江畑さんはときどき咳き込んでおられて、「いや、病気じゃないですよ」と冗談っぽくおっしゃっていましたが、私には体調を崩されているように見えました。江畑さんは気さくなお人柄で、講演のあと、受講したみなさんと談笑していました。奥様も来られていて、じつは講演のパワーポイントは奥様がお作りになったのだ、というエピソードを話してくれました。

私が軍事評論家としての江畑謙介さんを知ったのはずいぶん前です。著書では政治的な偏りはなく、淡々と軍事評論をされていて、非常に参考になりました。同時期にもうひとり影響を受けたのは野木恵一さんで、ほかの軍事評論家は政治色が出ていて、なんとなく敬遠していました。江畑さんの著書を何冊か読むうちに、彼が英国の世界的な軍事雑誌「ジェーンズ」の極東特派員であること、そして同じ大学の後輩であることを知りました。出身は工学部であり、だからこのように理論的に軍事を語れるのだな、と納得したことがあります。

江畑さんが有名になったのは1990年の湾岸戦争のときです。NHKの実況中継にゲスト出演して、アメリカ海軍の巡航ミサイルや、空母から発進する戦闘攻撃機について解説していました。そこでびっくりしたのは、航空機の胴体や垂直尾翼に描かれたイラストや番号から、どの基地のどういう部隊に所属している、まで解説したことです。私も軍事オタクのはしくれなのですが、そこまでの知識はありません。そして、江畑さんは独特の髪型もあって、一般の視聴者にも人気者になりました。私が尊敬したもうひとつの点は、「多国籍軍の攻撃はない」という朝日新聞田岡解説委員などの意見と逆に、かならず戦争は起きる、と予言していたことです。実際にそのようになりました。

イラク戦争でも的確な解説をされ、また北朝鮮の軍事パレードではミサイルの事細かな性能をずばりと解説して、これも舌を巻いたものです。そして、この北朝鮮の軍事パレード解説を最後に江畑さんはテレビに出演しなくなりました。こんどの中国軍事パレードのときにはとうぜん出演されるものと楽しみにしていましたが、結局、出演はありませんでした。「たぶん、体調が悪いのだろう」と私は予感しましたが、不幸にしてその予感が当たってしまいました。

軍事を毛嫌いする人もいますが、軍事は政治の延長であり、避けて通ることのできない話題なのです。その意味で、政治色抜きで、客観的で正確な軍事解説をしてくださった江畑さんの死去は非常に残念です。つつしんで、ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/154-88b0e097

トラックバック

コメント

[C64] ■軍事問題評論家の江畑謙介氏が死去-江畑氏、田母神氏、石原慎太郎氏の対談など是非見てみたかった?

こんにちは。軍事評論家の江畑氏がなくなりました。氏は、独特なヘアスタイルと、飾らない淡々とした語り口で、鋭い分析を行い、多くの人たちを惹きつけていました。軍事評論家としては、日本では最高峰だったと思います。今日、北朝鮮の核の脅威、さらには、共産党独裁国家中国の軍事力の拡張および中米接近など、日本を巡る軍事バランスは大きく変化しつつあります。にもかかわらず、民主党のマニフェストには安全保障や軍事の問題に関してはなんら記載もないし、その後も方向性が示されるということもないという状況です。民主党の幹部などは、軍事に関してまずは江畑さんの著書を読むことなどから始め、基礎知識をつけることが肝要だと思います。「友愛」の念仏をかなえていれば、平和になるなどということはあり得ません。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

[C65] ウェブ拝見しました

yutakarisonさん、はじめまして。

ブログを拝見しました。

お書きになっていることに同感することが多かったです。田母神元空幕長の一連の発言にはやや賛成しかねる部分もありますが、日本の安全保障を真剣に考えることは最重要課題だと思っています。耳に心地よい「マニフェスト」だけの党はぜんぜん信用していません。鳩山氏個人の考えはある程度理解できるものですが、ほかの大臣や党幹部や連立している社民党などを考えると、とてもこの党には日本の安全保障はまかせれないと思います。
  • 2009-10-13 14:00
  • 那和秀峻
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。