Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/155-59f99e55

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

これだから民主党はどうしようもない(笑い)

民主党政権のこの間の施政を見て、やっぱり感がさらに強くなりました。これだから寄り合い所帯の民主党はどうしようもないし、国民のためになる政治などやってくれないと思っています。前に書いたように、政治はイギリスの政治学で言われているように、「lesser evil(よりましな悪)」を選ぶものなのです。長期政権の自民党もかなりどうしようもなかったことはたしかですが、少なくとも「親米」路線ではブレませんでした。

日本が生き残っていくため、そしてアメリカも自国のサバイバルをかけるため、日米同盟は重要なのです。たしかに、太平洋戦争末期、アメリカ空軍は原爆投下やじゅうたん爆撃で「人道に反する罪」を犯してはいます。しかし、そういう恩讐の彼方を超えたところに、現実の政治はあるのです。感情的に反米になっても意味のないことです。「ネトウヨ」の人たちは反中国、反北朝鮮まではいいのですが、反韓国になったり、反米になったりします。「親米ポチ」と嘲笑されても、親米路線は堅持して行かないと、日本の未来は中国に合併されてしまうことになるでしょう。小沢一郎幹事長はどういう意図か、その中国に大視察団を連れて、中国詣でに行きました。まったく、なにを考えているのでしょうか。もしかして、「隣国とは仲良く」なんて子供レベルではなく、ちゃんとした戦略があるのでしょうが、それはアメリカと衝突するコースなのです。地検特捜部は小沢氏を起訴すべきだったのですが、千載一遇のチャンスを逃して、こんどは政権党の逆襲が始まるでしょう。特捜部も田中角栄や金丸信のときのように、肝の据わった幹部がもういないのでしょう。

鳩山由紀夫首相は私にはいちばん同感できる(いかに宇宙人であっても)民主党の政治家ですが、実力者小沢氏に脅され、菅直人副総理に文句を言われ、若手には突き上げられ、社民党には批判され、国民新党には言いたい放題を言われ、かなり大変な立場だと同情はします。しかし、総理大臣というものは、国民のためになるなら、「独裁者」と言われていいぐらいの覚悟が必要ではないでしょうか。党内の左巻きがなんと言おうと、社民党が連立から離脱しようと、アメリカとの約束は守らないと、国際的な信用に関わり、「やっぱり日本は信用できない」とアメリカばかりか、諸外国から思われてしまうでしょう。こうなったら、前原国土交通相あたりに首相になってもらいたいと思います。

かたや自民党も1回選挙に負けて政権をとられたからと浮き足だってしまうのは、はっきり言って醜態ですね。前だって、細川政権があったし、村山政権がありました(両方とも無能さにかけてはトップを争いますが)。自民党ももっとしっかりしないと、なかなか民主党を逆転することはできないでしょう。親米路線の大事さをなによりもわかっている自民党にやはり返り咲いてもらわないと、日本は本当に「ヤバイ」ことになります。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/155-59f99e55

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。