Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/156-9d8da51b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トヨタ車のリコール問題の本質は?

トヨタ車のアメリカ現地法人で製造した車のブレーキペダルに欠陥があり、リコール問題に発展しました。そして、それは中国、ヨーロッパに飛び火して、トヨタ車、いや日本製自動車に対するクレディビリティーが一気に下落しました。そして、追い打ちをかけるように、今度は日本国内で製造されたトヨタの今後の一番の稼ぎ頭と言われているハイブリッドカー、新型プリウスにやはりブレーキシステムの不具合が見つかりました。最初、トヨタ側はユーザーがこの車のブレーキシステムに慣れてないことが原因のような説明をしていましたが、つぎには社長が会見して、自ら新型プリウスに乗車していて、「一瞬ブレーキの効きが外れて、それから効き始める」というような説明をしました。つまり、ブレーキングシステムになんらかの欠陥があることを認めたわけです。そして、新型プリウスに対するリコールをする方向で検討に入った、と言われています。この原因はいったい、なんなんでしょうか?

じつは私は知り合いから、新型プリウスのブレーキシステムの問題は、制御プログラムのROMにバグがあるため、だと知らされていました。ですから、ROMを書き換えれば、ブレーキは正常に作動するようになる、ということなのです。しかし、トヨタ側はROMのバグだとは説明せず、ただ制御プログラムの不具合、と説明しています。コンピュータプログラムのバグはコードが複雑になればなるほど増えるのは常識です。人間がプログラムを組むわけですから、ヒューマンエラーが起きる可能性は常にあるのです。カメラでも、プログラムのバグは当たり前のように存在し、それがほんとうに不具合を起こす可能性がある場合、あるいは実際に不具合が報告された場合には、「ファームアップ」によって、ファームウエアを書き換えて修正しています。ですから、新型プリウスの場合にも、バグがあったことを最初から認めて、すぐに対応をすれば、これほど大きな問題にはならなかったでしょう。つまり、品質管理と危機管理の両方で問題があったわけですね。

ところが、陰謀論者とか、ネトウヨ、と呼ばれる人たち(かなりの部分がオーバーラップしていますが)、これをアメリカあるいは中国や韓国の陰謀にしたいようです。つまり、日本の企業の代表であるトヨタの信用を失墜させることで、日本製品全体のクレディビリティーを低下させる陰謀だというわけです。もし、それが正しいなら、なぜ日本国内で生産された新型プリウスのブレーキ制御プログラムにバグがあったのでしょうか。それにはふたつの可能性が考えられます。ひとつは単純なヒューマンエラーによるバグですが、陰謀論者にしたがうと、故意にプログラムにバグを埋め込んだ、ということになります。とすると、内部犯行説という可能性がいちばん高くなりますね。つまり、制御プログラムを組んだエンジニアの中に、故意にバグを潜り込ませた人間がいる、ということです。その理由は会社や人間関係に対する不満かも知れませんし、陰謀論者によればアメリカあるいは中国、韓国の依頼を受けての「犯行」ということになるでしょう。いや、インターネットを通じて、「ワーム」が送り込まれ、それがバグを引き起こすようになっていた、という説を唱える陰謀論者もいるでしょう。しかし。通常、企業の最重要なプログラムを組むコンピュータはインターネットに接続する社内LANからも切り離されて、スタンドアローンか、インターネットにつながらない専用LANでしかつながっていないはずです。

こうして考えると、どうも陰謀論者の考え方には無理がある、と言わざるを得ません。もし、アメリカ、中国、または韓国の依頼により、故意にバグをプログラムに埋め込んだとする可能性は残っていますが、それはやや偏執的な考え方だと思います。素直に考えて、ヒューマンエラーでバグが生じたのですが、それをひた隠しにしようとして、ダメージコントロールが機能しなかった、ということです。こう考えるのはあまりに脳天気であり、アメリカ、中国あるいは韓国の陰謀であると考えるなら、なぜいまのタイミングか、ということも考えたほうがいいでしょう。新型プリウスのブレーキの不具合はじつはだいぶ前からユーザーから報告されていたことなのです。それなのに、有効な対応策をとらずに、世間をごまかそうとしたトヨタ首脳陣の危機管理体制が今度の問題の根本にあると思います。もし、アメリカの陰謀だとしたら、それはアメリカと衝突コースに入った民主党を懲らしめるため(笑い)という陰謀説のほうがもっともらしいですね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/156-9d8da51b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。