Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/173-c45d7094

トラックバック

コメント

[C68] いまさら自民党でもね~

残念ながら、今日の日本、国会議員は真の政治家としての素質のない人たちがほとんどで、それは民主も自民も同じである。自民党の末期がどんな状態であったか思い返してほしい。二世三世議員がはばをきかす自民党に内部でもうんざりしていたらしい。 「美しい日本」になど、とぼけたことを掲げた安部総理、器でない福田総理、日本語もよく読めない麻生総理。一番だらしなかったのは自民党で民主党のでたらめな公約を論破できなかった。私は長く自民党を支持してきたが、いまさら自民党を応援する気にはなかなかなれない。

[C69] レジーム チェインジ

那和さんにおうかがいしたいが、今、自民党にもどしてなにか自民党は新しいことができるのだろうか? 既得権益との長いむすびつきの強い古色蒼然とした自民党の復活を国民は望んでないと思う。

先の自民党の管幹事長が自民党の賞味期限がきていたともらしてたが、事実だと思う。そういう点で国民はレジーム チェインジに期待したのだが、鳩山さんはとんでもない人だった。でもそのあとの菅さんや仙石さんかなりまともだと思ってます。

[C70] 民主党の社民党との提携反対

民主党が参議院の数合わせに社民党と連携を強めると言う。彼らは鳩山政権の時のことから教訓を学んでないのだろうか? もしそれが実現したら、私も前言をひるがえし民主党に見切りをつける。福島の顔は二度と見たくない。

公明党も公明党だ。公明党が日本の将来を真剣に考えるなら、民主党に協力し社民党が政権内部に入るのを防ぐべきだ。

[C71] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

仙石官房長官の「暴力装置」発言について

 11月18日に、仙石官房長官が「自衛隊は国家の暴力装置である」と言って野党自民党の追求を受けて、すぐに「実力組織」と言い直しました。しかし、マスコミやネットでは、仙石官房長官の発言責任を追及する声が大きく、問責決議案なども浮上しています。私はこの「軍隊は国家の暴力装置である」という発言に、仙石官房長官の本質を見る気がしました。

 というのは、「軍隊は国家の暴力装置である」という定義を明確にしたのは、ロシア革命の指導者であるウラジミール・イリイーチ・レーニンが1917年に著わした「国家と革命」だからです。レーニンは概略、以下のように述べています。「警察、監獄、軍隊などの暴力装置が国家権力の本質的な機能を果すものである。そうした特殊な暴力装置の存在こそは、国家が、諸階級の対立を調停したりする、階級対立から独立した機関ではなく、支配階級が、被支配階級を抑圧するためのものであることを証明している。まさに国家こそは、搾取階級が被搾取階級をしぼりとするための道具としての位置をもっているのである。」つまり、国家そのものがプロレタリアートの抑圧機関であり、その暴力装置が警察、監獄、軍隊などである、と定義しているのです。

 しかし、国会では「軍隊は暴力装置」というのはマックス・ウェーバー(ドイツの社会学者)が言ったということになっていて、歌手の加藤登紀子は自身のTwitterで、「マックス・ウェーバーが言っているとおり、社会学の常識である」と言っています。これは大きな間違いであり、加藤登紀子のような左翼はあえて言っているのでしょうが、一般的にもこのウェーバー説が広まるのは良くないと思っています。ウェーバーは「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」などを著作し、あくまでも人間の意思(宗教や政治思想)が経済制度を規定する、と言って、カール・マルクスの「下部構造(経済)が上部構造(政治)を規定する」というテーゼに真っ向から反論をしている社会学者なのです。ウェーバーが「職業としての政治」の中で、警察や軍隊を「国家の暴力装置」と言っているのは、「正当性を持った実力組織」という意味で、仙石長官が言い直した「実力組織」のほうがより近いのです。自民党の国会議員も不勉強であり、この点はもう少し勉強したほうがいいと思います。

 さて、仙石官房長官は学生運動活動家から旧社会党(現在の社民党)へ入党し、そして民主党に鞍替えした人物ですが、自分の過去の言動あるいは思想に対して、反省なり、自己批判はしていません。つまり、仙石長官の本質は相変わらずの左翼だと見ています。ですから、尖閣諸島問題でも、巡視船に数度も体当たりをしてきた明かな公務執行妨害および船舶往来危険罪違反の中国船の船員および船長を途中で釈放してしまったのです。おまけに、前原外相が約束したビデオの公開も、一部だけを国会議員の一部だけに見せるだけですまそうとしました。そこで、神戸の海上保安庁第5管区の海上保安官がビデオをYouTubeに流出させ、国民の「知る権利」を守ったわけです。このビデオ非公開にはおそらく菅首相も関連しているのでしょう。菅首相も市川房枝直系の左翼だからです。

 国民の多くが尖閣諸島問題をめぐって、中国という国の本質を知ったのは結果として良かったわけであり、ロシアも結局はソ連と本質的に変わらないことを露呈しました。そういう中で、自衛隊というものの重要性を国民がわかったわけであり、飛躍すると、だから、空自入間基地の航空祭には約28万人という空前の見物人が集まった、とも言えるのです。しかし、こういう国民に水を浴びせるのが仙石官房長官であり、菅首相なのです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/173-c45d7094

トラックバック

コメント

[C68] いまさら自民党でもね~

残念ながら、今日の日本、国会議員は真の政治家としての素質のない人たちがほとんどで、それは民主も自民も同じである。自民党の末期がどんな状態であったか思い返してほしい。二世三世議員がはばをきかす自民党に内部でもうんざりしていたらしい。 「美しい日本」になど、とぼけたことを掲げた安部総理、器でない福田総理、日本語もよく読めない麻生総理。一番だらしなかったのは自民党で民主党のでたらめな公約を論破できなかった。私は長く自民党を支持してきたが、いまさら自民党を応援する気にはなかなかなれない。

[C69] レジーム チェインジ

那和さんにおうかがいしたいが、今、自民党にもどしてなにか自民党は新しいことができるのだろうか? 既得権益との長いむすびつきの強い古色蒼然とした自民党の復活を国民は望んでないと思う。

先の自民党の管幹事長が自民党の賞味期限がきていたともらしてたが、事実だと思う。そういう点で国民はレジーム チェインジに期待したのだが、鳩山さんはとんでもない人だった。でもそのあとの菅さんや仙石さんかなりまともだと思ってます。

[C70] 民主党の社民党との提携反対

民主党が参議院の数合わせに社民党と連携を強めると言う。彼らは鳩山政権の時のことから教訓を学んでないのだろうか? もしそれが実現したら、私も前言をひるがえし民主党に見切りをつける。福島の顔は二度と見たくない。

公明党も公明党だ。公明党が日本の将来を真剣に考えるなら、民主党に協力し社民党が政権内部に入るのを防ぐべきだ。

[C71] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。