Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/180-40d9fcc8

トラックバック

コメント

[C88] 民衆の熱狂

グローバル主義には光と影があります。発展の段階の違う国々がたくさんあるわけですが、かっては、その国の運命としてほっておいてよかったのですが、今はやっかいですね。アメリカはグローバル主義によって世界に民主主義が広がり、経済では平準化が促進され貧しい国の底上げができると主張してますが…。

私はあのリビアの人たちの熱狂した風景を見てうんざりです。民衆はカダフィが登場したときも同じように熱狂したでしょうから。

[C89] Re:民衆の熱狂

独裁政権は最初は一般大衆の味方をふりをして登場するのはナチスがいい例ですね。そして、「大衆の熱狂」ほど怖い、というのもナチスの例が示しています。オルテガ・イ・ガセーの「大衆の反逆」とか、カール・ポパーの「開かれた社会とその敵ども」など、社会学的考察はいまこそ必要だと思います。

アメリカのグローバル主義はアメリカ型民主主義の押しつけであり、それは日本のような仏教国というか、無宗教的な国では成功しました。しかし、イスラム国家では軍事介入では絶対に駄目だと思います。イスラム原理主義は国家社会主義やマルクス主義と似た、民衆の熱狂を利用します。

[C90] エジプト情勢

BBC テレビを見てましたら、エジプトのジャーナリストがでてましてムバラクのころより相手が軍なので取材が難しくなったと言ってました。新しい政権は何も知らなくて要領を得ないと。そこへくるとわが国の国会議員は衆参含めて千人を超え、万年野党の議員も政権につき日ごろマスコミの厳しい試練にあい”立派な”プロ政治家
に脱皮しつつあります。加えて国民は全員政治評論家ですから国家を運営する政治家の人材にはことかかないかもしれませんね。(笑)

[C91] Re:エジプト情勢

独裁国家が終了すると、あとが混乱するのは必至ですね。曲がりなりに統治してきた人物なり党がいなくなると、一般大衆はなにをしていいかわからない。「衆愚政治」でも、日本のほうがよっぽどましなんでしょうね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リビアは第二のイラクになるのか、それとも・・・

ロイター通信の第一報で始まったリビアのカダフィ「大佐」の拘束ですが、CNNではマンホールの中に隠れていたカダフィ大佐の様子、拘束後の様子、そして射殺された後の映像まで放映されました。完全に本人かどうかは国民評議会が実施するDNA鑑定の結果次第ですが、おそらく99%本人でしょう。これで王政をクーデターで倒して以来、40年にわたる独裁恐怖政治を続けてきたカダフィ大佐が排除されたことになります。しかし、私は今後のリビアがイラク化しなければいいが、という懸念を持っています。

ご存知のように、イラクはサダム・フセイン大統領が独裁恐怖政治を行い、クルド民族を武力弾圧し、自国民も投獄や虐殺によって、支配をしてきました。しかし、クエートに侵攻して、国連決議による多国籍軍により、その力を削がれました(湾岸戦争)。そして、9.11航空機テロをきっかけに、アメリカはアルカイダのリーダーであるビン・ラディンを匿っているとしてアフガニスタンを、アルカイダなどイスラム系テロリストの根拠地として、さらに大量破壊兵器を保有しているとして、アメリカとイギリス軍がイラクに侵攻し、フセイン大統領を捉えて、処刑しました。しかし、独裁者を排除したことで、イスラム教の中でも、大統領派のスンニ派と、イランが後押しをするシーア派との間で、テロ合戦が始まりました。もちろん、アメリカ軍やイギリス軍もテロの標的になりました。こうしてイラク情勢は泥沼化して、収拾がつかなくなって、アメリカは戦闘部隊を引き揚げることを決定したのでした(イギリスはすでに撤兵)。

また、アフガニスタンでは、アメリカ軍および国連決議で結成されたISAF(国際緊急援助軍)がラバニ派(つい最近暗殺されましたが)を中心とした北部同盟を支持し、アルカイダと共同戦線を結んでいると見られるタリバーンと戦闘を開始しました。しかし、タリバーンの抵抗は頑強であり、さらに各地の部族もタリバーンに味方して、ここも泥沼化しました。アフガニスタンでは独裁者を排除したわけではありませんが、私はよけいな介入をしたと思っています。以前に書いたように、宗教戦争を引き起こしてしまったからで、これはイラクでもそうです。宗教がからむと、両者とも一神教ですから、絶対に相手を許しません。どちらかが引き揚げるか、降参するか、の選択しかありません。これはイスラム教徒征伐としてキリスト教国が派遣した十字軍と同じなのです。カトリックは十字軍や魔女裁判、そしてナチスへの加担など、過去の悪行から学んで、いまはきわめてリベラルです。むしろ、アメリカに多いプロテスタントのキリスト教原理主義がイスラム原理主義と世界中で闘争しているのです。

独裁者や独裁党はたしかに国民を弾圧し、恐怖政治を敷いて、自分たちが勝手気ままに政治を行っているわけですが、複雑な民族問題、宗教問題、そして部族問題などを抱える国家には、残念ながら「必要悪」としての独裁者なり、独裁政党が必要な場合もあるのです。強権的な支配によって、それらの諸問題を押さえ込むからです。多民族国家だったユーゴスラビアが独裁者チトー大統領の死去とともに、民族間あるは宗派間で対立が起きて、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争を初め、何回も内戦が起きました。いまはいちおう落ち着いていますが、またいつなんどき紛争が起きるかわかりません。独裁者を排除すればそれですむのではなくて、その後まで完全に責任を持つか、ということでは欧米諸国はまだまだ無責任と言わざるを得ません。

フランスの前大統領のシラク氏はアメリカの介入を暗に批判して、「私には世界中に気にくわない独裁国が多数存在するのを知っているが、それを力で倒そうとは思わない」と発言しました。アフリカで植民政策をして現地民を弾圧し、またインドシナでも植民政策を進めてベトミンに敗北し、とりわけアルジェリア支配では、フランスの国論が二分してしまい、ドゴール大統領まで軍人中心のOAS(秘密軍事組織)に何度も暗殺されかかった経験を持つフランスならではの見識だと思います。そして、フランスはアフガンのISAFにも参加しなかったのです。

ですから、カダフィ大佐亡きリビアが西欧型とは言わないまでも、せめてトルコ型の民主主義になればいいのですが、これからはイスラム原理主義者、各地の部族指導者、極左などが入り乱れての権力闘争になるのではないか、と心配しています。そして、イスラム原理主義者が勝利し、イランと同盟を結ぶ、という最悪のシナリオが考えられるのです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/180-40d9fcc8

トラックバック

コメント

[C88] 民衆の熱狂

グローバル主義には光と影があります。発展の段階の違う国々がたくさんあるわけですが、かっては、その国の運命としてほっておいてよかったのですが、今はやっかいですね。アメリカはグローバル主義によって世界に民主主義が広がり、経済では平準化が促進され貧しい国の底上げができると主張してますが…。

私はあのリビアの人たちの熱狂した風景を見てうんざりです。民衆はカダフィが登場したときも同じように熱狂したでしょうから。

[C89] Re:民衆の熱狂

独裁政権は最初は一般大衆の味方をふりをして登場するのはナチスがいい例ですね。そして、「大衆の熱狂」ほど怖い、というのもナチスの例が示しています。オルテガ・イ・ガセーの「大衆の反逆」とか、カール・ポパーの「開かれた社会とその敵ども」など、社会学的考察はいまこそ必要だと思います。

アメリカのグローバル主義はアメリカ型民主主義の押しつけであり、それは日本のような仏教国というか、無宗教的な国では成功しました。しかし、イスラム国家では軍事介入では絶対に駄目だと思います。イスラム原理主義は国家社会主義やマルクス主義と似た、民衆の熱狂を利用します。

[C90] エジプト情勢

BBC テレビを見てましたら、エジプトのジャーナリストがでてましてムバラクのころより相手が軍なので取材が難しくなったと言ってました。新しい政権は何も知らなくて要領を得ないと。そこへくるとわが国の国会議員は衆参含めて千人を超え、万年野党の議員も政権につき日ごろマスコミの厳しい試練にあい”立派な”プロ政治家
に脱皮しつつあります。加えて国民は全員政治評論家ですから国家を運営する政治家の人材にはことかかないかもしれませんね。(笑)

[C91] Re:エジプト情勢

独裁国家が終了すると、あとが混乱するのは必至ですね。曲がりなりに統治してきた人物なり党がいなくなると、一般大衆はなにをしていいかわからない。「衆愚政治」でも、日本のほうがよっぽどましなんでしょうね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。