Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/184-055f99d4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カラオケと「グループサウンズ」

以前にカラオケでは「怪傑ハリマオ」が十八番だと書きましたが、こればかり歌っているわけにはいかず、少し練習しました。いまでは、高得点が出るのは、尾崎紀世彦の「また遭う日まで」、ザ・タイガースの「廃墟の鳩」ぐらいですね。そのほかは、70点代、プレスリーとかエンゲルを歌うと、なんと40点代という相変わらずの音痴ぶりを発揮しています(苦笑)。

ザ・タイガースと言えば、グループサウンズ(すごい和製英語!)のビッグスリーに入るグループでしたが、メインボーカルの沢田研二の歌はどうもうまく歌えません。知人がジュリー(沢田研二)のファンなので、よく聞きますが、私のほうは一向に上達しません。ようやく「渚のラブレター」という曲が70点代後半にコンスタントに出るようになりましたが。ザ・タイガースが全員が健在で、復活コンサートをやっているぐらいですから、長続きしたグループと言えるでしょうね。ザ・ワイルドワンズもいまだに出てきますので、長寿グループです。リーダーの加瀬邦彦が作曲家としても有名ですから、加瀬さんの力に負うところが大きいのでしょう。グループサウンズ御三家と言えば、あとはザ・スパイダーズで、グループ自体は解散してしまいましたが、堺正章、井上順はコメディアンや俳優として活躍していますし、井上尭之や大野克夫は作曲家として名を成しましたし、かまやつひろしもときどき出てきます(姪の森山良子が有名ですが)。

このビッグスリーにつぐのが、ジャッキー吉川とブルーコメッツでしょうが、中心のボーカルと作曲を担当していた井上忠夫(井上大輔)が亡くなっています。じつは、グループサウンドでの、リードボーカルやベースギターなどの中心メンバーはたくさん亡くなっているのです。ハマの伝説グループであるザ・ゴールデンカップスのデーブ平尾(ボーカル)、ザ・テンプターズの大口広司(ドラムス)と田中俊夫(ギター)、ザ・ジャガーズの岡本信(ボーカル)、ザ・カーナビーツのアイ高野(ボーカル、ドラムス)、ザ・モップスの鈴木ヒロミツ(ボーカル)、シャープ・ホークスの安岡力也(ボーカル)、フォーナインエース=491のジョー山中(ボーカル)、はしだのりひことシューベルツの井上博(ボーカル)、ガロの日高富明(ボーカル)・・・など。最後の2グループはフォークに分類されるのかも知れませんが。

歌謡曲や演歌の歌手が長生きしている中で、グループサウンドのメンバーたちの生き急いだ人生が印象的です。そうそう、わたしの好きな歌手には布施明もいますが、むずかしすぎて、「霧の摩周湖」でようやく70点ギリギリです、トホホ。荒木一郎も好きなのですが、「今夜は踊ろう」で60点の上のほうですが、これは珍しく明るい歌なので、もっと練習をしたいと決意しています(笑い)。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/184-055f99d4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。