Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/190-b41860ed

トラックバック

コメント

[C108] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C109] Re: 富士フイルムのX-Transカラーフィルター特許について

通りすがりさん

ずっとこのブログを放置したままだったので、コメントをいま拝見しました。
申し訳けありません。

ご指摘のように、富士フイルムの特許5054856がありますね。気づきませんでした。
ありがとうございました。

                           那和秀峻
  • 2013-04-29 20:49
  • nawahide
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

第1回カメラグランプリの思い出

 カメラ雑誌のテクニカルエディター(メカ担当編集者)が集まってできたカメラ記者クラブ(1963年9月発足)が1984年に制定したのが「カメラグランプリ」でした。この頃、私はフリーランスとして、ようやく名前が知られるようになったわけですが、このカメラグランプリの外部委託審査委員のひとりに選ばれました。以来、2012年まで毎年、カメラグランプリ審査委員をしてきましたが、来年2013年はカメラグランプリの30周年記念です。私はほとんどリタイアなので、たぶん来年の審査委員には選ばれないでしょうが、思い起こせば、あっという間の30年でした。

 そして、いちばん思い出に残るのは、やはり第1回のカメラグランプリですね。ご承知のように、記念すべき第1回のカメラグランプリ(いまでいう大賞)はニコンFAの頭上に輝きました。このニコンFAと大接戦を演じたのが、オリンパスOM-4でした。ニコンFAは「マルチパターン測光」(多分割測光、評価測光)の元祖であり、FAは5分割でしたが、5分割したそれぞれの測光値を演算し、あらかじめ登録されたパターン(数万ショットの実写に基づいたもの)と照合して、適正露出を決めるというものでした。AEで撮影しても、逆光時の露出補正が不要とまではいかないですが、補正の必要性がぐっと減ったのです。これに対して、OM-4は「マルチスポット測光」を売り物にしていました。最大8点までのスポット測光値の記憶が可能で、ワンタッチで測光値の平均をとることも可能でした。ふつうは標準反射率のものをスポット測光するわけですが、そういう中間的な明るさのものがなくても、ハイライトとシャドーをそれぞれ測って、平均値で露出すればいいわけですね。さらに、真っ黒いものを黒く、真っ白いものを白く露出する「ハイライト・コントロール」と「シャドー・コントロール」を搭載していました。つまり、カメラまかせで適正露出を得るのがいいのか、それともカメラマンの判断でスポット測光するのがいいのか、という測光の根幹に関わる大問題をこの2機種が争ったのです。

 第1回の投票では、票が完全に割れて、両方とも過半数に達しませんでした。そこで、再投票となったのですが、長いカメラグランプリの歴史を通じて、再投票になったのはこの第1回だけでした。そして、さる外部委託委員のひとりが再投票で最初とはちがう方、つまりニコンFAに投票したために、ニコンが過半数をとって、第1回のカメラグランプリの栄誉に浴することとなりました。まあ、これについては、当時ああだこうだという人がいましたが、その後のカメラの歴史を見れば、ニコンFAのマルチパターン測光が正しい方向であったことがわかります。オリンパスOM-4のマルチスポット測光はたしかにプロカメラマンの要望に応えるものではありましたが、カメラの自動化という歴史の流れを考えると、少し方向が違っていたようです。その後、1987年にキヤノンがEOS650に多分割測光を「評価測光」として搭載し、この進化を推し進めました。その後、各メーカーも多分割測光を採用するようになり、デジタルカメラ時代になってからは、分割数が飛躍的に増えて現在に至っています。そして、現在ではニコンD4やD800/800Eの91KのRGBセンサーや、キヤノンEOS-1D Xの100KのRGBセンサーにより、パターン認識までできるようになりました。その先鞭を付けたニコンFAはまさに第1回のカメラグランプリにふさわしいカメラだったのです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/190-b41860ed

トラックバック

コメント

[C108] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C109] Re: 富士フイルムのX-Transカラーフィルター特許について

通りすがりさん

ずっとこのブログを放置したままだったので、コメントをいま拝見しました。
申し訳けありません。

ご指摘のように、富士フイルムの特許5054856がありますね。気づきませんでした。
ありがとうございました。

                           那和秀峻
  • 2013-04-29 20:49
  • nawahide
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。