Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/192-19b6f27d

トラックバック

コメント

[C110] おっしゃるとおりですが...

お久しぶりの更新ですね。私はこちらのほうを興味深く見てます。がたいの大きい野蛮国が隣にあるとうっとうしいですね。まったくおっしゃるとおりですが、中国の歴史を見ると独裁が民衆の暴動でひっくりかえる連続で、今の政権もいつひっくりかえるかわかりません。日本としては適当につきあっていくより仕方ないかなあ。あの大きな国に混乱がおこれば大変なことになります。まだ今の政権が続くことがましかもしれません。それにしてもグローバル経済はやっかいなものです。
  • 2013-05-05 03:41
  • yumemakura
  • URL
  • 編集

[C112] 中華人民共和国

>yumemakuraさん

中国が暴動でひっくり返るとすると、可能性としては民主主義革命よりも、第二次毛沢東主義革命になるのではないでしょうか。中南海の連中はそのほうを恐れているような気がします。毛沢東主義だと、人民解放軍が中心になりそうだからです。
まだ、現状のほうがましだと思えることになるかも知れませんね。
  • 2013-05-05 06:24
  • nawahide
  • URL
  • 編集

[C113] 申し訳ありませんが....

那和さん いつも興味深く拝見しております。本来なら徒然なるままに、にコメントしたかったのですが、こちらに投稿させていただきます。ご無礼ご容赦下さい。ひとつ質問なのですが、昨年末に那和さんはレンズ一体型デジカメのご自身のベストを書かれていたと思うのですが、その中にフジのX100はありませんでした。しかしながら最近X100や後継のX100Sについて絶賛する記事をよく見ます。これはなにか那和さんの中で変わった物があったのでしょうか?あなた様ほどのお方が、メーカーの提灯記事を書くとは思えず、不躾ながら質問させていただきました。私自身はX100Sを使用していますが、今ひとつ使いこなせておらず、勉強し直さなくては、と思っています。

[C114] X100について

ご愛読ありがとうございます。
X100は2011年発売で、その年の12月31日の日記(ブログ)に、ベスト10で2位にあげています。そして、2011年から2012年にかけて、たびたびX100を使っています。X100Sを購入してからも、X100を併用しています。
  • 2013-05-12 04:41
  • nawahide
  • URL
  • 編集

[C116] ありがとうございます

那和さん、一読者、一アマチュアの下らない質問に真摯にお答えいただき、ありがとうございました。深謝いたします。

[C117] お聞きしたいことがあります。

いつもブログを楽しみにしておりますが、那和さんにお聞きしたいことがありましたので初めてお便りします。

1)なぜ、中国のことを書いたのでしょうか。
半島国家という反日国家がありながら、なぜ中国だけ選んで書いたのでしょうか。

2)どの国でも基本的に絶対防衛圏を国外に設定しますが、世界の軍事の潮流の中で日本はどのような方策をとったら専守防衛は、本当に可能とお考えなのでしょうか。
外交の一部門である軍事を真剣に考えざる得ない時代に入って来ておりますので。

3)現在、日本のマスコミは誰のためになぜ動いていると考えますか。

自分は過去の人ではありますが、子供のことを考えると、何時まで大好きなこの国、この文化、この伝統が存在できるのだろうかと考えてしまうことがあります。
ご意見を伺いたく存じます。

[C118] なぜ中華人民共和国?

朝鮮半島のうち、北朝鮮は明確に軍事的脅威ですが、韓国は単なる反日政策をとっているだけで、軍事的には連携する必要があると考えます。韓国で、中華人民共和国のような焼き討ちを含む反日暴動は起きていません。やや過激な反日デモはありますが。それに、韓国は中華人民共和国のように、概要海軍を目指していませんし、空軍力も中華人民共和国のように超音速爆撃機を所有していませんし、弾道核ミサイルも持っていません。中華人民共和国の核ミサイルはだいぶ昔から、日本の主要目標に照準を定めています。
「専守防衛」は中華人民共和国の軍事挑発に対して、日本の現状を述べただけで、ほんとうは憲法9条を変えて、交戦規定を見直す時期に来ていると思います。
  • 2013-05-13 21:15
  • nawahide
  • URL
  • 編集

[C119] 急な質問に対してありがとうございます。

この様な事、お聞きしたくてもわたしの周りにはだあれもおりませんので、那和さんに質問した次第です。どうもありがとうございます。
吉祥寺の雑踏の中、コンパクトカメラをしっかりと構えている方を見かけると、お顔も知らないのに、もしや、那和さんではと、お声をかけそうになるときがあります。
これからも、本題の写真に限らず御指導の程よろしくお願いします。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「軍国主義」は中華人民共和国か日本国か?

いまの中華人民共和国が日本国に対して、ことあるごとに「軍国主義の復活」だと批判するのは見当違いも甚だしいと思いませんか?国防予算を毎年右肩上がりで上げて行き、空母遼寧を試験公開から実戦運用をしようとして、さらに遼寧をベースに空母機動部隊を作って、「ブルーウォーターネービー」に脱皮して、周辺国に軍事的なプレッシャーをかけようと企んでいるのはほかならぬ中華人民共和国です。そして、尖閣列島をめぐっては、漁船から海洋監視船、そして海軍の艦艇、空軍の航空機を、場合によっては領海侵犯させたり、領海ぎりぎりまで進出させて、日本国を挑発しているのはほかならぬ中華人民共和国なのです。日本だけでなく、南沙諸島を巡って、フィリピンに軍事圧力をかけたり、ベトナムにもプレッシャーをかけているのはほかならぬ中華人民共和国です。いっぽうの日本は「専守防衛」に徹して、こちらから軍事的な圧力をかけたことは戦後一度もありません。どちらが「軍国主義」なのか、火を見るより明らかなのですが、中華人民共和国は日本国の行動(たとえば、靖国神社参拝)を「軍国主義の復活」だと批判します。これはアメリカのチャイナロビーの活動により、アメリカ政府も批判しているため、中華人民共和国はいい気になって、「軍国主義批判」を繰り返しています。

中華人民共和国が日本批判をして、暴動を煽ってまで、対日批判をエスカレートしなければならないのは、国内の政治情勢が逼迫しているからです。鄧小平が「一国二体制」として資本主義を導入してから、貧富の差がさらに激しくなりました。その不満が爆発しようとしているのです。いっぽうで、富裕層は留学をしたりして、世界情勢を知っていますから、「言論の自由」など民主的な体制作りを希望していますが、それは中華人民共和国の共産党独裁体制にとっては、獅子身中の虫なのです。ですから、日本を批判することで、対外危機を煽り、国内の不平不満をなんとか逸らし、実際の国内暴動(反日ではなく、反体制の場合)は人民解放軍および治安警察で力で押さえ込んでいます。

こんな中華人民共和国などとはほんとうは付き合わないほうがいいのですが、まんまと中華人民共和国の作戦に乗って(もちろん、日本産業のコストダウンという理由はあったのですが)、中華人民共和国につぎつぎと工場を作ってしまい、抜き差しならない状態になってしまったいま、戦争覚悟で国交断絶でもしないかぎり、中華人民共和国となんとか折り合っていかなければならない段階まで来てしまいました。中華人民共和国から工場を引き揚げようとすれば、その工場は中国共産党に渡さなければならない、という契約になっています。つまり、態のいい「接収」なわけで、ですから私は中華人民共和国などに工場を進出しなければ良かった、と言っているのです。それは1970年代に大学の友人が中華人民共和国にプラント輸出をして、酷い目にあった挙げ句に、接収されてしまった、という経緯を知っているからです。以前から言っている「チャイナ・クライシス」はさらに現実味を帯びてきました。日本企業は徐々に中国から、ほかのアジア諸国にシフトしていますが、中国から完全に「足を抜く」ことは不可能でしょう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/192-19b6f27d

トラックバック

コメント

[C110] おっしゃるとおりですが...

お久しぶりの更新ですね。私はこちらのほうを興味深く見てます。がたいの大きい野蛮国が隣にあるとうっとうしいですね。まったくおっしゃるとおりですが、中国の歴史を見ると独裁が民衆の暴動でひっくりかえる連続で、今の政権もいつひっくりかえるかわかりません。日本としては適当につきあっていくより仕方ないかなあ。あの大きな国に混乱がおこれば大変なことになります。まだ今の政権が続くことがましかもしれません。それにしてもグローバル経済はやっかいなものです。
  • 2013-05-05 03:41
  • yumemakura
  • URL
  • 編集

[C112] 中華人民共和国

>yumemakuraさん

中国が暴動でひっくり返るとすると、可能性としては民主主義革命よりも、第二次毛沢東主義革命になるのではないでしょうか。中南海の連中はそのほうを恐れているような気がします。毛沢東主義だと、人民解放軍が中心になりそうだからです。
まだ、現状のほうがましだと思えることになるかも知れませんね。
  • 2013-05-05 06:24
  • nawahide
  • URL
  • 編集

[C113] 申し訳ありませんが....

那和さん いつも興味深く拝見しております。本来なら徒然なるままに、にコメントしたかったのですが、こちらに投稿させていただきます。ご無礼ご容赦下さい。ひとつ質問なのですが、昨年末に那和さんはレンズ一体型デジカメのご自身のベストを書かれていたと思うのですが、その中にフジのX100はありませんでした。しかしながら最近X100や後継のX100Sについて絶賛する記事をよく見ます。これはなにか那和さんの中で変わった物があったのでしょうか?あなた様ほどのお方が、メーカーの提灯記事を書くとは思えず、不躾ながら質問させていただきました。私自身はX100Sを使用していますが、今ひとつ使いこなせておらず、勉強し直さなくては、と思っています。

[C114] X100について

ご愛読ありがとうございます。
X100は2011年発売で、その年の12月31日の日記(ブログ)に、ベスト10で2位にあげています。そして、2011年から2012年にかけて、たびたびX100を使っています。X100Sを購入してからも、X100を併用しています。
  • 2013-05-12 04:41
  • nawahide
  • URL
  • 編集

[C116] ありがとうございます

那和さん、一読者、一アマチュアの下らない質問に真摯にお答えいただき、ありがとうございました。深謝いたします。

[C117] お聞きしたいことがあります。

いつもブログを楽しみにしておりますが、那和さんにお聞きしたいことがありましたので初めてお便りします。

1)なぜ、中国のことを書いたのでしょうか。
半島国家という反日国家がありながら、なぜ中国だけ選んで書いたのでしょうか。

2)どの国でも基本的に絶対防衛圏を国外に設定しますが、世界の軍事の潮流の中で日本はどのような方策をとったら専守防衛は、本当に可能とお考えなのでしょうか。
外交の一部門である軍事を真剣に考えざる得ない時代に入って来ておりますので。

3)現在、日本のマスコミは誰のためになぜ動いていると考えますか。

自分は過去の人ではありますが、子供のことを考えると、何時まで大好きなこの国、この文化、この伝統が存在できるのだろうかと考えてしまうことがあります。
ご意見を伺いたく存じます。

[C118] なぜ中華人民共和国?

朝鮮半島のうち、北朝鮮は明確に軍事的脅威ですが、韓国は単なる反日政策をとっているだけで、軍事的には連携する必要があると考えます。韓国で、中華人民共和国のような焼き討ちを含む反日暴動は起きていません。やや過激な反日デモはありますが。それに、韓国は中華人民共和国のように、概要海軍を目指していませんし、空軍力も中華人民共和国のように超音速爆撃機を所有していませんし、弾道核ミサイルも持っていません。中華人民共和国の核ミサイルはだいぶ昔から、日本の主要目標に照準を定めています。
「専守防衛」は中華人民共和国の軍事挑発に対して、日本の現状を述べただけで、ほんとうは憲法9条を変えて、交戦規定を見直す時期に来ていると思います。
  • 2013-05-13 21:15
  • nawahide
  • URL
  • 編集

[C119] 急な質問に対してありがとうございます。

この様な事、お聞きしたくてもわたしの周りにはだあれもおりませんので、那和さんに質問した次第です。どうもありがとうございます。
吉祥寺の雑踏の中、コンパクトカメラをしっかりと構えている方を見かけると、お顔も知らないのに、もしや、那和さんではと、お声をかけそうになるときがあります。
これからも、本題の写真に限らず御指導の程よろしくお願いします。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。