Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/196-c3b16d10

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「中核派」がなぜ山本太郎を応援するのか?

ひさしぶりに名前を聞きました、「中核派」、昔の名前で出ているようですね(笑い)。中核派がいまなぜ話題になっているかというと、タレントの山本太郎氏(無所属)の参院選出馬を応援しているからです。それも、このマルクス主義狂信者集団の機関誌「前進」7月1日号に、反原発、反TPPで山本太郎を全力で応援しよう、と呼びかけているからです。

中核派というのは、ある程度の年齢以上の方々にはよくおわかりのように、60年安保闘争で敗北したブント(共産主義者同盟)の残党が結成した革共同(革命的共産主義者同盟)を継承している由緒ある老舗(笑い)なのです。正確には、中核派というのは、革共同全国委員会という組織であり、これと本家争い(笑い)をしているのが革マル派(革共同革命的マルクス主義派)です。両方とも共産主義による暴力革命を唱える左翼過激派ですが、どちらかというと、中核派が肉体派、革マル派が理論派ということで、陰惨な「内ゲバ」殺人事件を繰り返してきました。最近では、学生に見向きをされなくなったことと、幹部以下高齢化してきたので、中核派は市民運動、革マル派は労働運動に力を入れています。

その中核派がとくに力を入れている地域が東京都杉並区で、ここの区議ふたりは元中核派の活動家でした。そして、いまでも反原発などを軸に、NPOなどを隠れ蓑にして、徐々に杉並区議会から全国へ、と活動を広げつつあるのが中核派なのです。ですから、中核派が機関誌「前進」で山本太郎候補の支持表明をしたのは、気まぐれ(笑い)や大言壮語(左翼過激派の十八番です)ではありません。中核派の広告塔として利用できるからで、おそらくその目途がたったので、機関誌でぶちあげたのでしょう。

私は左翼過激派の活動家たちの最初の純粋な動機を否定はしません。自分たちがより良い社会を作ろうとする情熱は左翼でない若者たちと同じなのです。しかし、いったん、過激派組織に入ってしまうと、組織の論理で動かされれ、白を黒と言いくるめられ、「革命のためなら」嘘も、詐欺も、暴力も、いや強盗でさえ正当化されます。つまり、オカルト宗教と同じであり、「開かれた社会」(社会学者カール・ポッパーの言葉)にとっての最大の敵なのです。

山本太郎氏もいつの間にか、中核派の広告塔にされているご自分をどう思っているのでしょう。いや、ご本人の信念で中核派に入信されるなら、なにをか言わんやですが・・・
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/196-c3b16d10

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。