Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/201-a98330b9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アップルがiPhone 6、6Plusを発表、デジカメなみの機能も搭載

アップルがiWatchとともに、iPhone 6、iPhone 6Plusを発表しました。iWatchもデジタルガジェット好きならば、非常に面白いでしょうが、あいにく私はそんなに興味がありません。ウエアラブルコンピュータへ発展して行けば面白いとは思っていますが。個人的には、やはりカメラに関係があるiPhone 6とiPhone 6 Plusが興味深いのです。なぜなら、両方の違いはモニタの大きさだけではなく、iPhone 6 Plusは手ブレ補正機構も搭載しているからです。とうとうスマートフォンのデジタルカメラ機能も来るところまで来た感じです。そして、iPhone 6とiPhone 6 Plusには像面位相差AFも搭載しているからです。これで動体撮影にも強くなり、ますますデジタルカメラに脅威になってきました。

まあ、まだ単焦点レンズですが、このiPhone 6シリーズがもし将来的にズーム化されたら(そういう特許はもうアップルから出ています)、ますますデジタルカメラは不要になるでしょう。とはいうものの、レンズ交換はできないわけですが、今日ソニーから正式に発表されたレンズスタイルカメラであるQX1はなんと、Eマウントでレンズ交換式なのです。もちろん、ソニーは自社のXperiaスマートフォンを売るための戦略なんでしょうが、iPhone 6シリーズにはNFC機能も付いています。ということは、ソニーQX1はNFC機能やWi-Fi機能の付いたスマートフォンで、専用アプリさえあれば、どれでも使えることになってしまいます。もし、アップルiPhone 6 Plusの5.5型という大きな液晶モニタに接続できるソニーQX1があれば、コンパクトデジタルカメラどころか、レンズ交換式の「ミラーレス」カメラでさえ、ほとんど必要なくなってしまうのです。

デジタルカメラはプロやハイアマチュアと呼ばれる一部の人たちだけの特殊なデジタル機材になるのでしょうか。あと数年でその結論は出るような気がしています。デジタルカメラはやはり「パンドラの箱」を開けたのです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/201-a98330b9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。