FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/86-e19eba10

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

オバマ政権はイラン核開発をどうするのか

イランの核開発がアメリカやイスラエルの予想以上に進んでいます。すでに、ウラニウム型原爆を1個製造できるだけのウラニウムを備蓄したことが確認されています。さらに、2011年までに、プルトニウムの製造が可能な重水炉を複数個完成すると言われ、そうなるとプルトニウム型原爆および水爆の製造への道が開かれることになります。

オバマ政権はイランと友好関係を回復しようとしていますが、イスラエルは依然として、イランに対する警戒感を持っています。そして、オバマ政権がアフガニスタンに兵力増派をする、ということはイランに対する表面上の友好的な態度とは裏腹に、アフガニスタンの隣国イランを警戒していることの証拠になります。

イスラエルはできればサダム・フセイン政権下で建設されていたオシラフ原子炉をF-16およびF-15の攻撃隊により破壊したように、イランの各施設を破壊したいところでしょう。しかし、イランはイラクよりもイスラエルからはさらに遠く、飛行部隊もヨルダン、サウジアラビア、イラクの上空を侵犯して、長距離飛行をしなければなりません。イスラエルからはほとんど不可能な作戦と言えるかも知れません。

さらに、イランの各施設は地下深く作られていて、バンカーバスターと呼ばれる地中深く潜ってから爆発するタイプの大型爆弾でないと、完全な破壊は望めません。そして、このバンカーバスターを運用できるのは、B-2などの戦略爆撃機と、あとは戦闘攻撃機のF-15Eストライクイーグルしかありません。イスラエルにはF-15Iという戦闘攻撃機がありますが、これでイランを攻撃するのはかなり難しいでしょう。空中給油を領空侵犯をしながら行わなくてはならないからです。

このため、イスラエルの本音としては、アメリカにペルシャ湾側から攻撃してもらいたいところなのです。ブッシュ政権では攻撃の一歩手前まで行きましたが、キャンセルされました(理由は不明)。しかし、オバマ政権では首を縦に振らないでしょう。そうなると、イスラエルは弾道ミサイル「ジェリコ」で核攻撃せざるを得ませんが、国際世論に非難されるでしょう。

いっぽう、イランは核弾頭の開発と並行して、北朝鮮からの技術供与により、イスラエルも射程に入る弾道ミサイル「シャハブ」を開発しました。核弾頭が完成すれば、イスラエルの攻撃に対して、ためらいもなく弾道ミサイルを発射するでしょう。そして、イランの国土はイスラエルと比べものにならないぐらい広く、弾道ミサイルの撃ち合いになったら、国土の狭いイスラエルはかなり苦境に立つことになります。

第4次中東戦争までは通常兵器で戦われてきて、いずれもイスラエルの勝利で終わっています。しかし、弾道ミサイルに核弾頭を装備して、しかも大国同士ではない、地域的な紛争に使われる可能性がある時代になってきました。ユダヤ原理主義とイスラム原理主義の宗教戦争は、中東全体を巻き込んで、第3次世界大戦の火種になりかねません。オバマ政権はイランとの友好関係を築くことで乗り切りたいようですが、そうだとするとアフガニスタンからも手を引くべきだと思うのです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/86-e19eba10

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。