Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/93-9aefb312

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

レーザー兵器によるミサイル防衛

将来のミサイル防衛の主役はレーザー兵器になるでしょう。これだと、射程が短く、迎撃ミサイルが間に合わない場合でも、レーザーによって撃ち落とすことが可能だからです。
ノースロップ・グラマン社はいままでで最高の出力を得られる兵器用レーザーを開発しました。かなり大型のものですから、地上据え置き型となるでしょうが、ミサイルの落下段階(ターミナル・フェーズ)で撃墜することができます。

このようなレーザー兵器はアメリカとイスラエルが共同開発していて、ハマース(ハマス)がガザ地区から発射してくる短距離ロケット弾(無誘導ロケット弾、ミサイルではない)を撃墜することを目標としています。イスラエルはハマースのロケット攻撃のたびに、ガザ地区に戦車などを侵攻させ、国際世論の非難を浴びています。

このため、ロケット弾をレーザーで迎撃できたら、イスラエルとすれば国際的な孤立を避ける可能性が出てくるわけです。なお、イスラエルはPAC-3も装備していますが、これはイランなどからの弾道ミサイルに対するもので、短距離ロケットには対応できません。

アメリカはボーイング社がB-747を改造した特別機にレーザー兵器を搭載して、上昇段階(ブーストフェーズ)の弾道ミサイルを撃墜する実験を昨年暮から始めました。これはABL(航空機搭載型レーザー)と呼ばれるものの一種で、北朝鮮の弾道ミサイルに対しても、このABLでブースト・フェーズで撃墜してしまう、というのが最終的な目標です。

ただ、高出力のレーザーはそのぶん大型化するので、航空機搭載はまだまだむずかしい段階です。また、仮に実用化したとしても、電子探知機コブラ・ボールとレーザー搭載機を24時間哨戒態勢で飛ばしておかなければ意味がない、ということになり、運用面ではなかなか大変です。

防衛省でも、まず地上配備型レーザー兵器、そして将来的には航空機搭載型レーザー兵器の開発に着手していて、北朝鮮などの弾道ミサイル防衛に使う予定だと言われています。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hinden563.blog97.fc2.com/tb.php/93-9aefb312

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nawahide

Author:nawahide
那和秀峻の気まぐれブログへようこそ。エッセイと呼べるほどのものはない駄文、つまり似非を綴っていきます。気が向いたらごらん下さい。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。